大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:おいらのエコカー物語( 123 )


おっ、おっ、おいらのエコカーも!

おいらのプリウスにもブレーキに欠陥がみつかったそうです。
そしてその対策は、すでに今の新車には施されているようですが・・・

そういえば3年前新車で買ったばかりの長男のトヨタのBBが、時々ブレーキが
きかなくなるトラブルが発生したのですが、販売店で何か部品を交換してくれて
直ったことがありました。
実はこのとき、不具合の場所が場所だけにトヨタがすぐにリコールを発表するもの
だと思って新聞を見ていたのですが、とうとう発表されずに終わりました。

その当時販売台数が多い割にはトヨタのリコールの少なさに疑問を抱いていたの
ですが、どうやらトヨタさんはリコールになる一歩手前で手を打っていたようですね。

アメリカのように、何でもかんでもメーカーのせいにしてしまえというようなユーザー
も大人気なくて問題ですが、今回のプリウスの件でもトヨタさんは単にABSの設定
のせいと言ってますが、早く本当の原因を公表してもらいたいものです。
そしてユーザーの方も自動車は元々危険な乗り物だという認識を持つべきでしょう。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-02-04 13:49 | おいらのエコカー物語

泣きっ面に蜂

やはり心配していた通りになってしまいました。
アメリカでのトヨタ叩きに歯止めがかからなくなっているようです。

リコールがフロアマアットからアクセルペダルにまで及び、またあろうことか
トヨタからGMに買い換えた場合に限り1,000ドルの補助金が支給されたり、
テキサス州では買換え費用をトヨタに請求する訴訟が起こっていたり、またまた
国家交通安全局(日本の国交省?)なるところから対応の遅さに対して制裁金が
課せられたりと、踏んだりけったり、泣きっ面に蜂とはまさにこのことです。
かつてのジャパンバッシングを思い出してしまいます。

アメリカ政府の対応もGMの報復措置のようで露骨ですが、私的には日本の政府
ももう少しフォローしてくれてもいいような気がするのですが・・・
考えたくはないのですが、経団連から距離を置いている今の民主党政権の企業
より労働者という優先順位が見え隠れしているようです。

なによりもアメリカのユーザーの信頼を回復することが第一です。
日本のメーカーはたたかれるたびに強くなってきた経緯があるので、今回もそうあって
もらいたいものです。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-02-04 12:00 | おいらのエコカー物語

VWトヨタを抜く

やはりというかあっさりというか、全世界の販売台数でトヨタがVWにたった1年で首位の
座を譲ってしまいました。

自動車販売の主戦場が、先進国から途上国へと完全に移ってしまった今、トヨタにとって
とても大きなハンディーとなるでしょう。
先進国では、その性能のよさが評価されてブランドイメージを確立したトヨタも、途上国に
おいてはスペックが高すぎて、そういった国で今後普及するにはまだ高価格なのだと思
われます。

韓国のヒュンダイは途上国でとても安く販売してるし、VWもローエンドのセグメントには
スコダとかセアトなんていうブランドを持っています。
トヨタはトヨタというブランドを身に着けている以上、むやみにスペックを落とすことができ
ないのではないかと考えています。

トヨタさんも途上国向けに海外の企業を買収するのが手っ取り早いかもしれませんが、
おそらくそれはないような気がします。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-01-26 09:18 | おいらのエコカー物語

12月の燃費

おいらのプリウスも届いてから半年経ちました。
12月の燃費は22.34km/Lと過去最低となり、通算燃費も23.9km/Lと、とうとう24を
切ってしまいましたが、原因はぜんぜん長距離運転をしなかったせいだと思われます。

最近ひとつトヨタの車に対して気になることがあります。
それは乗り心地なんですが・・・
トヨタの車はプリウスはもちろん、他の車もとても静かでとても乗り心地がいいような気が
するのですが、半年間使ってみるとたしかに耳にはとても優しく感じるのですが、実は体
に感じる振動はあまりやさしくないように思うのです。

今のプリウスも静かさでは世界中にライバルはいないでしょうが、体に感じる乗り心地は
商用のバンに乗っているような違和感を感じるのです。

とはいっても、価格と燃費を考えればすこし贅沢な要望かもしれません。
[PR]

by dyoh_mie | 2009-12-30 12:33 | おいらのエコカー物語

VWスズキ資本提携

VWがスズキと資本提携するそうです。
なんだかこれはとてもいい提携のような気がします。

両社の共通点は新興国に強いこと、VWは中国へ行くと分かるのですが、
中国で圧倒的なシェアを持っていますし、又ブラジルにおいても同様です。
スズキは実はインドで圧倒的なシェアを持っていて、インドの車の2台に1台は
スズキだそうです。
先進国の市場が伸びなくなり、これからの自動車の主戦場は新興国と変わっていく
中、この両社は圧倒的なアドバンテージを持つことになりそうです。

トヨタさんにとってVWはGMよりはるかに手ごわいですよ。
とにかく敵さんはアッパークラスでは今度ポルシェも手に入れるし、上はベントレー
、アウディー(アウディーはランボルギーニを持っている)から、ローエンドではチェコ
のスコダやスペインのセアトなんてのも持っていて、世界中どこででも売れる価格帯
のセグメントの商品を持っています。
その点我がトヨタさんは不利で、レクサスといえど高級車ではベントレーの足元にも
およばないし、ローエンドではヴィッツや軽自動車といえど新興国ではスコダ、セアト
、ましてやタタのナノときたら20万円ですから相手にならないでしょう。

トヨタさんにしてみれば、長い時間をかけてやっとGMを抜いて山の頂点に上り詰めた
と思ったら、WVがヘリコプターで下からあっというまに頭の上まで昇ってきたような
感覚でしょうね。

今度の敵さんはかなり手ごわいですよ、
トヨタさんには頑張ってもらいたいものです。
[PR]

by dyoh_mie | 2009-12-10 10:21 | おいらのエコカー物語

トヨタの米アクセル問題

11月の燃費は2,433km走行して23.64km/Lでした。
他の新プリウスユーザーの話を聞いたところ、このへんが妥当な数値では
ないかと思われます。

それよりも・・・
トヨタにとってF1撤退よりももっと大変な事件がアメリカで起こっています。
アクセルがもどらなくなって、エンジン回転が上がりっぱなしになって何件か
の事故が起こっている事件です。
その原因を最初トヨタはフロアマットのせいにしましたが、次はアクセルペダル
の長さのせいにして、アクセルペダルの無償交換することでリコールを申請
いたしましたが・・・
昨日ネットで本当の原因は電子制御盤の不具合であったとでていました。

考えてみれば、だれがどう考えたってフロアマットにアクセルペダルがひっか
かって200キロもスピードがでるなんて思うでしょうか?
アクセルが引っかかったぐらいなら足で簡単に戻せるし、なんなら手で戻して
もいいわけだから普通に考えてみて、この制御盤の不具合というのが本当の
ところではないでしょうか?

今回のこのトヨタの対応、二転三転していて、なにやら去年起こった食品偽造
問題に似てきたように思います。
これがもとでアメリカでの信用を落とさなければいいのですが。
[PR]

by dyoh_mie | 2009-12-02 11:13 | おいらのエコカー物語

エコカー補助金

待ちに待ったエコカー補助金!
やっと入金になりました。
申請したのが6月でしたから、5ヶ月かかりましたが、入金があってホッとしています。

私、少し勘違いしておりました。
エコカーを買ったことで10万円、13年以上使用した車を廃車にしたことで25万円の
計35万円いただけるものと思っていましたが、そんなむしのいい話はないそうで、
どちらか一方しかもらえないようです。
したがって私の場合は25万円いただきました。

この制度はもちろん商用車(トラック等)にもあって、特にトラックの場合価格が高い
こともあって、たとえば13年以上使用したトラックを廃車にして10t車を購入した場合、
なんと180万円の補助金がもらえます。
従って商用車に関しては早々と補助金制度が打ち切られてしまいました。
当社も最近10t車を2台購入して申し込みをいたしましたが、いまだに半信半疑です。

乗用車に関しては、3月以降もこの制度が延長されそうだと、新聞にでていました。
[PR]

by dyoh_mie | 2009-11-19 12:54 | おいらのエコカー物語

10月の燃費

10月はあまり燃費を気にせずに、ごく普通(とはいっても省エネ癖がついている)に
運転してみました。
走行距離2,440Km、燃料使用量102Lということで、燃費は23.78km/Lでした。
この車を購入してから通算燃費は24.31km/Lですから、普通に(何が普通か分からん
けど)運転してればL当り23kmぐらいのびるのではないでしょうか。

今月走行距離が7,000kmになったのでオイル交換をしてみたら、エンジンがかるくなって
燃費がすこし改善しました。

ちなみに、楽しみにしているエコカー補助金ですが・・・
まだ入ってきませんっ!
どないなっとんのやろか?
[PR]

by dyoh_mie | 2009-10-31 10:35 | おいらのエコカー物語

もうひとつのエコカー

新しいエコカーに買い換えるもエコならば、古いものを大事に使うのもエコ
なんですよね。
ってなわけで、我が家のもうひとつのエコカーを披露いたします。

下の写真は家内のVWゴルフⅡが新車の時の写真です、中に乗ってるのは
うちの息子たちで長男5歳、次男2歳の時のものです。
写真の日付は1990年5月5日となっています。

e0179774_10562642.jpg


次の写真は、今年撮った我が家のゴルフⅡと息子たちです。
当然、愛車は20年目を迎え、息子たちも25歳と22歳になります。

e0179774_1123673.jpg


車も20年も乗ってみると、三男坊だと思うとちょうど成人式ですから、もう
すっかり家族の一員になっています。
そして息子たちにしてみると、母親の車というのはこの一台しか知らないのです
からたいしたものです。

この車の登録日が、平成2年2月22日になっているので、今度買い換える時は
来年の平成22年2月22日に、今度の新しいゴルフを登録したいと考えています。
[PR]

by dyoh_mie | 2009-10-14 11:12 | おいらのエコカー物語

「10・15モード」ってなに?

おいらのプリウスも購入して3ヶ月経ちました。
9月の燃費は24.97km/Lで、3ヶ月通算5,891km走行して240Lのガソリンを使ったので、
通算の燃費は24.53km/Lということになります。

カタログの数値では、「10・15モード」で35.5km/Lと記載されていますが・・・
この3ヶ月、なんとかカタログ以上の燃費をたたき出そうと、軽自動車にあおられ
ながら省エネ運転に励んだのですが上記の数値が私には限界のようです。

そもそも「10・15モード」ってどうやって測定するのか調べたところ。
10パターンの一般道と15パターンの高速道を想定した加速、減速をした場合の
燃費だそうですが、このテストは実走行ではなくて停止した状態で計測器を使用
して行われるそうです。
そのテストをする時の条件の中に、最高速度は70km/h以下であることと、15分
の暖気運転後であることというのがありましたが、このプリウスの燃費の欠点は、
エンジンをかけてから10~15分の間は極端に燃費が悪い点で、その後燃費が
著しく改善するようにつくられています。
なんかトヨタさんにいっぱい食わされたなって気がしています。

燃費がカタログの数値から30%もかけ離れていると、商売柄、車を選ぶときにイニシャル
コストとランニングコストを走行距離や耐用年数をもとにトータルな経済性で考える
私にとっては、なーんだガッカリという気分です。

ちなみに日本車と比べて燃費が悪いといわれているドイツ車ですが、
私の知る限りカタログに載っている「10・15モード」より実走行時の方が燃費がよく
なるようです。
[PR]

by dyoh_mie | 2009-10-01 10:59 | おいらのエコカー物語