大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

また中国にやられる

e0179774_11521242.jpg
中国の新興自動車メーカーNIOがスマートEVの開発を加速させている。
旧来のエンジンの自動車では今更どうしたって先進国に追いつけないことが分かった中国、それならばとEVと自動運転の技術でリーダーシップをとるべく国家を挙げて取り組んでいくようだ。
アジア一、二を争う株式時価総額を持つテンセントはじめ名だたるIT企業が出資をしているし、何よりも有利なことは実験をするにしても日本のような規制がないことと実験中に国民が何人死のうがニュースにもならないということ。
自動運転に関しては島国で国境がないこと、国の隅々までインフラが整備済みであること、そして世界一の技術を持っていることから日本こそ完全に主導権を握れるはずなのだが唯一「規制大国」であるがゆえにみすみす中国に先を越されてしまうのは何とも悔しい話だ。

[PR]

# by dyoh_mie | 2018-06-14 12:12 | おいらのエコカー物語

トヨタの逆襲

e0179774_11081763.jpg

トヨタの逆襲が始まった。HV車が成功したおかげでEVに関しては他社の後塵を拝していたトヨタが方向性を打ち出した。
乗用車に関しては高齢者向けチョイ乗り小型EVを量産しながら高額な電池のコスト下げることで問題解決していき、
そして貨物自動車に関しては燃料電池トラックを普及させることで燃料電池車の一番のネックである水素スタンドの問題を解決しようとしているようだ。
両方とも正解のような気がする、
トヨタはいつも我々をやきもきさせておいて、周回遅れで参戦して来て気が付いてみたらトップを走っていて二位以下をぶっちぎってしまうという水戸黄門のようなドラマを演じてくれる。
このドラマを楽しんで見守りたい。

e0179774_11161983.jpg











[PR]

# by dyoh_mie | 2018-06-09 11:27 | おいらのエコカー物語

規制緩和

e0179774_10231486.jpg
日本においては最も珍しい規制緩和による成功例、しかもスピード感のある。
エアービーアンドビーなど民泊サイトの普及により国交省が規制を緩和、そのおかげでホテルの部屋単価が9%低下したという記事。
外国人観光客が押し寄せているために、つい2~3年前東京でホテルを予約しようとするとあのアパホテルでさえも一泊2~3万円かかった狂った状態から脱却できたことは本当に喜ばしいことだ。
いま世界中を席巻しているシェアリングサービス、実は規制大国日本において消費者がこの恩恵にあずかるのはこの一例に過ぎないのではないかと思うのだ。
インバウンドの急増による宿泊施設の不足が問題視されたことにより国もあわてて規制を緩めたのだが、まだまだこの国の「カビ規制」のせいで消費者が不便な思いや損をしているケースのなんと多いことだろうか?

[PR]

# by dyoh_mie | 2018-06-05 10:41 | つぶやき大王日記

自動運転開発競争

e0179774_12431285.jpg
今世界中のIT企業と自動車メーカーによる熾烈な開発競争を繰り広げている自動運転。
これについて興味深い記事が載っている。
自動運転実験中に人身事故を起こしたテスラのイーロンマスク曰く「年間4万人交通事故で死者が出ているのにたった一件足首の骨を負傷したことが新聞の一面に載るのっておかしくない?」
かたやトヨタの豊田社長と日産のゴーンさんといった日本の自動車メーカーは「完全な事故ゼロをめざす」そうだ。
この考え方の差が開発スピードの差となって現れてくることは明らかで、そういった意味で言うと交通事故で何人死んでいるのかその統計もないほど多くの交通事故死者が出ている中国がこの開発競争においては最も優位に立っているということになるはず、悔しいけど。
日本の自動車メーカーも国交省も警察も少し頭の呪縛を解いてもらってこの技術を早急に実現していただきたいと思うのだ。
大体自動車メーカーは今まで自分たちが作った自動車でいったい何人の人の命を奪ってきたのか聞きたいものだ。

[PR]

# by dyoh_mie | 2018-05-26 13:04 | つぶやき大王日記

ビッグマック指数

e0179774_09172176.jpg
国際的な物価の比較として「ビッグマック指数」なる信じられないけど意外と当たっている指数がある。
ビッグマックが世界一高いのは2月に訪れたスイスで日本円に換算して\748、2位から4位までを北欧諸国が占めて5位がなんと本国アメリカで\585也、そして日本はというと\390でなんと35位だそうだ。
もちろんこの数字は為替を計算に入れてのことなのだがその意味で言うと日本の円の強さの表れともいえるのだが、
そのマクドナルドがこの度日本を「デフレ」と認定し値段を下げる方針だというのだ。
2%のインフレ目標を掲げるアベさんとクロダさんにとっては大変気の毒な情報ではあるが、食品の業界で生きている当社には物価が上がっている感が感じられないため当たり前のことように聞こえるのだが、
改めてモノの値段というものは需要と供給のバランス、市場原理できまるもので国家の政策で決まるものではないということがよくわかる話だ。

[PR]

# by dyoh_mie | 2018-04-23 09:37 | つぶやき大王日記