大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ツェルマットスキー

e0179774_09541760.jpg
私が指をさしているのが標高4,478mのマッターホルン、私が立っている地点が3,000m位ですぐ目の前にニョキッとそびえています。
スキーヤーにとって聖地ともいえるスイスのツェルマットに行ってきました。
標高3,800m地点で経験した気温マイナス25度、そしてその地点から滑走距離22km標高差2,000mを一気に滑り降りたところが国境を越えたイタリアでポカポカ陽気でレストランの料理が安く美味しくなったり、
高山による今まで経験したことのないような息苦しさであったり、
マイナス20度の翌日には0度まで上がって雨が降っていたり、
びっくりする程硬いアイスバーンで実は日本のほうが雪質としては上であるということとか、
とにかく初めて経験することが多くとてもいい経験ができました。
一日で今までの10年分くらい滑った気分で堪能して帰ってきました。
社員の皆さんに感謝です。



[PR]

# by dyoh_mie | 2018-02-22 10:30 | つぶやき大王日記

どっか狂ってる感

e0179774_12445036.jpg
西濃運輸はお客さんに対する思考がどこかマヒしてしまっているようだ。
年末あれほどユーザー様に迷惑をかけておきながら、その舌の根も乾かないうちになんと30%の値上げだそうだ。
我々物流業界の人手不足は今始まったことではなくずーっと続いていて何にも変わっていないのだが、ヤマトの一件からマスコミがやたらと人手不足=値上げと報道してくれるために値上げに対するハードルがいっぺんに下がってしまったようである。
「値上げをしてもお客さんは逃げない」という驕りが我々の中にあるような気がしてならないのだ。
この非常識な値上げをお客さんが理解してくれるとは考えにくいが、仮に値上げに応じてくれたとしても後々市場からとんでもないしっぺ返しを食うことになるだろう。

[PR]

# by dyoh_mie | 2018-01-20 13:08 | つぶやき大王日記

年末物流崩壊

e0179774_10062405.jpg
これは実は氷山の一角だと思う。
とにかく昨年の年末の繁忙期における特に大手企業の物流品質の悪さや横柄な態度には閉口してしまった。
特に「せーのっ!」という掛け声でテレビCMで有名な岐阜に本社のある某大手物流企業、
関東からの商品が届いていないのでお客さんに電話をするとお客さんはメーカーに問い合わせをする、メーカーは「せーのっ!」に電話で問い合わせをすると「まだここにあります」メーカー「えーっ!大至急届けて!」S社「できません」、ということでかわいそうなことにメーカーの担当者自らトラックに乗って茨城から弊社まで走ってきてもらったがこういった例も氷山の一角だと思う。
そうかと思うとお客様によっては12月の繁忙期の物流を名古屋にある大手M運輸にすべて断られた例もあったりと、とにかくひどいことになっていたのだ。
我々物流業が人手不足なのは今に始まったことではないのだが、マスコミがヤマトの値上げ以降やたらと人手不足を取り上げるせいで業界全体が何もかも人手不足のせいにしすぎではないかと思って危惧している。
S社も今後10%の値上げをするようだが、ヤマトと違って対象が法人なので、まずは品質をしっかりと担保していただきたいものだ。
そうしないと市場から総スカンをくうことになりそうだ。

[PR]

# by dyoh_mie | 2018-01-09 10:40 | つぶやき大王日記

日本カーオブザイヤー

今年の日本カーオブザイヤーを受賞したのはなんとボルボXC60。
輸入車としては2013年のVWゴルフ以来で2例目だそうだ。
e0179774_12512765.jpg
そしてこの写真のボルボジャパン社長の木村さん、
2年前のイタリア企業視察旅行で一緒させていただいたときはとてもお世話になった人で、このホームページのこの私のブログもチェックしていたのには驚いた。
元トヨタにいた人なので車に対する熱い思いをたくさん語ってくれたのを思い出す。
そんな人だからこの受賞はさぞかし喜んでいることだろうと思うが、かたよトヨタは同様の自慢のSUVが売れているだけに悔しい思いをしているのだろう。
木村さん、おめでとうございます。

[PR]

# by dyoh_mie | 2017-12-22 13:04 | おいらのエコカー物語

量子力学入門

e0179774_11334126.jpg
おそらくこれが一番わかりやすい量子コンピューター理論の説明だと思う。
日経のNTTも量子コンピューターの研究をしているという記事。
すでにバンクーバーのD-Wave社が商業化しているのでやや出遅れ感があるが、研究の内容では日本勢も全く引けを取っていない。
しかしこと商業化のスピ-ドとなると北米西海岸のスタートアップ企業に完全にやられてしまうのが現状だ。
品質は世界一だがマーケティングやブランディングで欧米企業に完全にやられてしまっている今の日本のグローバル企業の現状を象徴するような出来事ではないだろうか。
いずれにしても難解な量子力学をよくぞここまで図解で分かりやすく解説してくれたもので、二つの異なった性質を持つ小さな小さな量子にコンピューターの基礎である無数に並ぶ0と1をその量子に持たせるというもので、それをどのような方法を使うかは直接D-Wave社で解説してもらったが極めて難しい理論の上に英語での説明だったので?????だった。
しかし全く理解できなくても興奮することには間違いない。


[PR]

# by dyoh_mie | 2017-11-23 11:56 | つぶやき大王日記