大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


日に新た館

e0179774_10090210.jpg
今回少人数ではあるものの滋賀県にあるマテハンと自動倉庫最大手ダイフクの展示場「日に新た館」を見学することができた。
とにかく自動倉庫の展示場なのでその大きさとホスピタリティーには毎度驚いてしまうが、今回話を聞いて思ったことは今国内シェアトップであるにもかかわらず海外売上比率が70%であるということで、その多くは中国と台湾の半導体の工場ということ。
つまりそれだけ日本から半導体の製造業がそれらの国へ移っているということで少し寂しい気分ではあったが、私自身今回で三度目の訪問なのだがこのマテハン業界の進歩には毎回驚かされている。
とくに自動倉庫のリフトのスピードと正確さと人の手のようなソフトさは日本企業ならではのと思って間違いないだろう。
製造業が海外へ移転するなら部品やマテハン、そしてそれを取り巻く周辺産業でトップシェアを目指すという日本企業のたくましさを感じた一日であった。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-10-16 10:41 | デリバリ王子奮闘記

ヤマト値上げ

e0179774_06555788.jpg
あろうことかヤマトがあのアマゾンに対して4割超の値上げを承認してもらったという日経新聞の記事。
しかしアマゾンを甘く見ないほうがいいと思うのだ。
まず第一に経営者ジェフベソスは赤字を続けながらも巨額な物流施設に対する先行投資をやり続けてきた経営者であること。
第二にアマゾンにとって日本は本を安売りできない岩盤規制のおかげで最も利ざやが稼げるとてもありがたい国であること。
第三としてアマゾンは株式時価総額50兆円という巨大企業で、ヤマト、佐川急便、日本郵便の3社全て簡単に買えてしまう資本があるということ。
以上の理由から今まで経験したフランスのカルフールやアメリカのウオルマートのような外資の黒船とは全く違う日本戦略を考えていると思うのだ。
今回の値上げも詳細な条件はこの記事からは知ることはできないが、アマゾンがすんなりとこの4割超という要求をのむとは考えられないし自ら物流を手がける可能性も十分ありだと思っている。
今回の値上げに対しては、我々冷凍冷蔵食品業界にとっては三年間に二度目の値上げということになり我々のお客さん達もかなり頭を痛めている様子だ。
あらためてこの業界においてもヤマトはとても重要なインフラであったことを思い知らされた感がるが、当社にとってはまたとないビジネスチャンスとなるかもしれない。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-10-05 07:33 | つぶやき大王日記