大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


北朝鮮、韓国砲撃

23日、北朝鮮が突然韓国の延坪島を砲撃し、民間人にも死者が出ているようです。

えらいことです。

先月たまたまソウルへ行ってきました。
そのときに南北の国境付近にも行ってきましたが、ソウルから一時間ほどしか
離れていないにもかかわらずその物々しさと緊張感はまるで別世界でした。

両国は現在のところ“休戦中”ということだそうですが、ソウル市の地下には防空壕
がはりめぐらされていたり、又20歳以上の男子の20ヶ月以上の兵役義務があった
り、まだまだ朝鮮戦争が終わっていないことを感じさせられます。

日本はよく“平和ボケ”といわれますが、男の子供を持つ親としてはボケだのバカだの
チョンだのなんといわれようとも、今の日本の「あたりまえの平和」はなによりもかけが
えのないものだと思わずにいられません。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-25 10:25 | つぶやき大王日記

「名門」GM再上場

米自動車大手GMが18日、株式再上場を果たしました。
破綻からわずか17ヶ月というスピード再生で、ご同慶の至りです。

たしか30年ほど前だったと思うのですが、NHKスペシャルで「覇者の驕り」
という特集番組がありました。

内容は覇者(米自動車大手3社のGM、フォード、クライスラー)が価格と性能
で勝る日本車(当時はまだ日本からの輸出でした)にコテンパンにやられてい
るさまを何週かにわたって特集したものでした。

このとき初めて、日本車のアメリカでの人気の高さを知りました。

それからというもの、日本企業に対しては逆風の連続でした。
輸出規制、円高、わけのわからないCOCOM違反なんていうのもありました
よね。

GM等アメリカの企業は、自社の危機が訪れると政府に働きかけて制度やルール
を自分に有利なように変更させて、そしてよくなると今度は商品の開発に投資する
のではなく、企業の買収(つまりマネーゲーム)に走ってしまいます。
そしてまた危機が訪れるということを繰り返しています。

そして我らが日本企業はというと、環境が変わるたびに現地生産を増やしたりしな
がらひたすら品質、コストの改善につとめながら商品開発を続けてきました。

GMも今度と言う今度は真剣に商品(自動車)で勝負してもらいと思います。
新しい“ボルト”というEVをいち早く発売するそうですが、まだまだ走行距離等課題
は山積みと思われ、実用化にはまだ少し時間がかかりそうな気がします。

後から出てくるトヨタやホンダに、あっというまにEVの土俵を奪われないようにGM
にも今度こそがんばってもらいたいものです。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-20 10:53 | おいらのエコカー物語

日本の建設技術

今日の日経新聞第一面、「高速3社海外で道路事業」だそうです。

これは日本の高速会社(旧道路公団)が、インドやベトナムで高速道路の
建設や運営を一手に引き受けてしまえ!というものです。

たしかに他の国と比べても、日本の建設水準はとびぬけていると思わずに
はいられません。
日本はまず地震が多い、山が多いし、したがって谷や川も多いし、又海に
囲まれているため島も多いときているので、その建築基準は世界一厳格
なものと思われます。
その上、長い間税金をバンバン使って公共工事を行ってきたわけですから、
その技術は世界一でしょう。

実際ドイツのアウトバーンは、たしかに距離は長くて速度無制限なのですが、
あの国には山がほとんどなく、ほぼまっ平らな国土だと考えていいでしょう。
したがってその道路のつくりは、日本から見れば単純で簡単なものでした。

そして一年半前、トルコのイスタンブールへ行ったとき、ヨーロッパとアジアの
分岐点であるあのボスポラス海峡で、海底トンネルの工事が行われていました。
そしてその建設に携わっていたのが日本の「大成建設」だったのです。
この海峡は長さで言えば、日本の関門海峡ぐらいだと思うのですが、関門トン
ネルなんてずいぶんと前からありますよね。

工業製品だけでなく、世界で競争力を持った分野はまだまだ日本にはいっぱい
あると思うのですが。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-18 11:11 | つぶやき大王日記

大本営発表

昨日の日経新聞によると、7~9月期の日本のGDPが伸びているんだそうです。

紙面では伸び率だけが書かれていて、金額ベースではなにも書かれて
いなかったのですが・・・

一般的にGDPは日本だけでなく世界中で比較するものですから、当然ドルベース
であらわすはずです。
そしてそれを日本の円に換算して計算するわけですから・・・
えーっと???
あれっ!! 今すんごい円高じゃん!
そう、つまり円高になればGDPっていとも簡単に増えてしまうのです。

実際、今日本のGDPは、世界のそれの8%だといわれていますが、
1995年(15年前)には世界のGDPの18%を占めていました(かつて日本は
すごかった)が、それがピークでした。
その頃って1ドル80円を切るような、記録的な円高だったんですよね。

新聞もどこか一社ぐらいこんなツッコミを入れて欲しかったなー。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-17 10:31 | つぶやき大王日記

アブダビといえば・・・

エコカーとは縁もゆかりもないのですが、今回F1最終戦がおこなわれた
アブダビがあるUAE(アラブ首長国連邦)の中にはあのドバイがあります。

そのドバイに今年1月世界一高い建物“ブルジュ・ハリファ”(日本語でハリファ
タワーというのでしょう)が完成しました。
このハリファという名前は実はアブダビの首長の名前です。

元々このタワーの名前は“ブルジュ・ドバイ”だったのですが、昨年勃発した
あの「ドバイ危機」の影響で完成が危ぶまれたのですが、幸いアブダビの
ハリファ首長の援助を受けて完成したためにこの名前になったそうです。

おかげでこの建物は歴史に名を残しそうです。

そういえばニューヨークにあるあの“エンパイアー・ステート・ビル”も完成する
なり勃発した「世界恐慌」のおかげで入居者が一向に集まらず、
“エンプティー(空っぽ)・ステート・ビル”と呼ばれたそうです。

このようなエピソードは、ネガティブなほど歴史的に喜ばれるようです。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-16 10:13 | おいらのエコカー物語

F1グランプリ最終戦

F1グランプリ最終戦が、UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビで昨日行われました。

結果はレッドブルのフェテル(Vettelをマスコミでは英語読みでベッテルと呼んでいます
が、私はあえて自動車王国ドイツに敬意を表してドイツ語で発音します。)が優勝し、
アロンソ、ウェバーがそろって5位以下となったことで、年間ワールドチャンピオンの座
を最年少で手にしました。
劇的でした!

なにしろ2年続けて鈴鹿のレースを制しているフェテルを間近に見ているので、応援
したくなるのも無理はないですよね。

レースはやはりタイヤが明暗を分けました。
現在一社供給体制のブリジストンですが、今シーズン限りでF1を撤退することをとて
も残念に思うのは、今回の灼熱の砂漠でのレースにおいて20週ももたないとだれもが
信じて疑わなかったソフトタイヤがなんと30週を過ぎても高いパフォーマンスを保って
いました。
このブリジストンの開発能力には、各チーム、タイヤメーカー、自動車メーカーが「やっ
ぱり日本はすごい!」そして「残念!」と思っていることでしょう。

考えてみれば昨年のグランプリを制した“ブラウンGP”は残念なことに撤退した“ホン
ダ”が開発したマシンだったのですから「もったいなー」そして「日本はすごい!」と思
わずにはいられません。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-15 10:32 | おいらのエコカー物語

10月度配送トラブル

10月の配送トラブルは13件と9月に比べると倍増いたしました。
ところが、感覚的にはさほど多いような気がしていないのは、

①発見してからの対応が早かったために、直接お客様に迷惑をかける
 ことが少なかった。
②当社の責任外で発生したものも多かった。

以上の理由から感じたことなのでしょう。

この調子であれば11月は件数的にも減少すると期待していますが、
現在当社の最大の問題は売上に対する人件費率が上がっていることです
(7月、8月の繁忙期に比べて当然売上が落ちているのにもかかわらず、
人件費がさほど落ちていません)。

どこかに繁忙期と同じ感覚で人員が配置されていて、ムダが発生している
ものと考えられます。
今必死で便と人員のムダを洗い出しています。

いくら品質を上げようとしても、赤字になっては継続できません。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-13 11:27 | 今月の配送トラブル

こんなんありましたけど!

e0179774_14402965.jpg


紐で束ねられた黒と黄色の細長い物体、わかりますか?

そう、ムカデなんですよ。
ソウルの市場で発見いたしました。

店の人に聞いてみると、煎じて飲むと関節痛などによろしいそうです。
同行していたメンバー全員「サロンパスでええわ!」と申しておりましたが、
ソウルの市場では犬の肉なんかも売ってましたし、この手のものがいっぱい
並んでいました。

我々日本人は海のものであればどんなものでも驚かないのですが、この手
のものはどうも苦手です。

だけどもしこれを買ったとしても日本に持ち込めるんかいな?
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-02 14:53 | つぶやき大王日記

ENEOSの新しいCM

昨日、テレビでENEOSの新しいCMをはじめて見てビックリしました。

その内容は「ワー!この車まだ乗ってたの?」の第一声ではじまり、古い車
を長く乗れたのはENEOSのおかげです!という内容のCMなのですが・・・

その古い車というのがなんと我が家と同じVWのゴルフⅡで、しかも色まで
紺色でまったく同じタイプだったのです。
嬉しいやらおかしいやらで、やや複雑な気持ちだったのですが、いずれにし
ても古い車の代表として自分とまったく同じ車がテレビCMに登場してくるこ
とは誇らしい気持ちです。

又いっそう「まだまだ乗ってやれ」という気分になります。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-02 10:56 | おいらのエコカー物語