大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:つぶやき大王日記( 257 )


量子力学入門

e0179774_11334126.jpg
おそらくこれが一番わかりやすい量子コンピューター理論の説明だと思う。
日経のNTTも量子コンピューターの研究をしているという記事。
すでにバンクーバーのD-Wave社が商業化しているのでやや出遅れ感があるが、研究の内容では日本勢も全く引けを取っていない。
しかしこと商業化のスピ-ドとなると北米西海岸のスタートアップ企業に完全にやられてしまうのが現状だ。
品質は世界一だがマーケティングやブランディングで欧米企業に完全にやられてしまっている今の日本のグローバル企業の現状を象徴するような出来事ではないだろうか。
いずれにしても難解な量子力学をよくぞここまで図解で分かりやすく解説してくれたもので、二つの異なった性質を持つ小さな小さな量子にコンピューターの基礎である無数に並ぶ0と1をその量子に持たせるというもので、それをどのような方法を使うかは直接D-Wave社で解説してもらったが極めて難しい理論の上に英語での説明だったので?????だった。
しかし全く理解できなくても興奮することには間違いない。


[PR]

by dyoh_mie | 2017-11-23 11:56 | つぶやき大王日記

ゆうパックの温度管理

わそが社にゆうパックを届けに来るご存知郵便局のこの軽バン。    
e0179774_14210856.jpg
 

そんでもって北海道から届いた商品が以下の商品、
でっかくチルドと書かれてあるにもかかわらず冷凍気の付いていない車両できやがった。

e0179774_14241237.jpg
 
温度管理を売り物にしている弊社にとっては到底黙認することができないことなので、アップして記録に残しておくつもり。
もしこれを弊社が行ったとするとこの商品は即返品となる。
いくら涼しくなってきたとはいえチルドの温度帯で管理して運ぶ約束をして商品を預かっているわけであるからそれなりの管理はしていただきたいもの。
ゆうパックに関してはどこの郵便局を見てみても冷蔵庫は見たことはないしもちろん冷凍車ももたことがないのだ。
佐川急便にしても同様なのだがこれでは北海道からここまで全く温度管理されずに届いたと思われてもしょうがないが、これをヤマトがやったらマスコミの格好の餌食になってしまうから恐ろしい。
問題は真剣に温度管理をする意欲があるかどうかの問題なのだ。



[PR]

by dyoh_mie | 2017-11-04 14:45 | つぶやき大王日記

ヤマト値上げ

e0179774_06555788.jpg
あろうことかヤマトがあのアマゾンに対して4割超の値上げを承認してもらったという日経新聞の記事。
しかしアマゾンを甘く見ないほうがいいと思うのだ。
まず第一に経営者ジェフベソスは赤字を続けながらも巨額な物流施設に対する先行投資をやり続けてきた経営者であること。
第二にアマゾンにとって日本は本を安売りできない岩盤規制のおかげで最も利ざやが稼げるとてもありがたい国であること。
第三としてアマゾンは株式時価総額50兆円という巨大企業で、ヤマト、佐川急便、日本郵便の3社全て簡単に買えてしまう資本があるということ。
以上の理由から今まで経験したフランスのカルフールやアメリカのウオルマートのような外資の黒船とは全く違う日本戦略を考えていると思うのだ。
今回の値上げも詳細な条件はこの記事からは知ることはできないが、アマゾンがすんなりとこの4割超という要求をのむとは考えられないし自ら物流を手がける可能性も十分ありだと思っている。
今回の値上げに対しては、我々冷凍冷蔵食品業界にとっては三年間に二度目の値上げということになり我々のお客さん達もかなり頭を痛めている様子だ。
あらためてこの業界においてもヤマトはとても重要なインフラであったことを思い知らされた感がるが、当社にとってはまたとないビジネスチャンスとなるかもしれない。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-10-05 07:33 | つぶやき大王日記

量子コンピューター

先月日経新聞で発表されたばかりの量子コンピューターを開発しているバンクーバーにあるD-wave社を訪問した。
e0179774_23431880.jpg
中は撮影禁止だったが、とにかく馬鹿でかい機械で人間の体でさえ通り抜けてしまうほど小さな量子をマイナス280℃で冷やしながら管理しなくてはならないことに自然の脅威を見た気がする。
e0179774_23545124.jpg
なにしろ量子力学は100年前にアインシュタインの相対性理論と同じころ発表された理論で、相対性理論は壮大な宇宙を、量子力学は目に見えない小さなせかいを解明する理論といわれている。
しかし相対性理論はブラックホールが発見されたりしてその理論を証明する発見がされるのに対して、量子力学はその難しさもあって観測することさえ不可能ではないかと思っていたので、どのような形であれ生きている間に量子を活用したものを自分の目で見ることはないだろうと思っていただけにとても興奮している。
見ることさえ不可能な物体を人間の手で管理するわけだからその説明をしかも英語で聞いたところで理解できるはずもないのだが、とにかく興奮するし我々業界の効率化を大きく改善する可能性があるだけに今後も注目していきたい。


[PR]

by dyoh_mie | 2017-09-24 00:22 | つぶやき大王日記

アマゾン次の一手

e0179774_12180666.jpg
アマゾンが小売業界に参入してきた。
アマリカのホールフーズという高級食品スーパーを買収し、アマゾンとして開業するなりいきなり30%以上の値下げをして販売しているようだ。
おかげであのウオールマートでさえ株価を大きく落としているという記事なのだが、今のアマゾンの時価総額をもってすればたいていの日本のスーパーが買えてしまうと思われるので日本も他人事ではないだろう。
フランスのカルフールもアメリカのウオールマートも日本では苦戦したようだが、今回のアマゾンは日本の流通にいよいよ変革をもたらしそうだし当社も他人事ではなくなるかもしれない。
アマゾン創業者のジェフ・ベソスは「世界一の小売業になる」という志でこの会社を立ち上げている。
彼の本気度がうかがえる重い記事だ。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-09-02 12:36 | つぶやき大王日記

インフレターゲット

e0179774_10435061.jpg
ここにきてイオンとイケアが値下げをするらしい。
安倍政権が発足したときの公約のひとつが「2%のインフレターゲット」だったが、安倍さんも黒田さんもその話題にはほとんど触れなくなってしまった。
値上げが話題になればなるほど消費者は値段に敏感になって買い控えるもので、特に食品に関して言えば対象が主婦ということで値上げをしたとたんガタッと売れなくなってしまうしその代替品としての役割をPBが担っているということなのだろう。
インフレであれデフレであれ所詮市場経済のなかでの経済活動のあくまでも結果であって、インフレターゲットなどという経済政策の目的とすること自体が間違っていたことを証明してくれたと思うのだ。
インフレターゲットがなんぼのもんじゃい!
がんばれ、イオンとイケア。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-08-29 11:11 | つぶやき大王日記

8月11日に思う

いつだれが何の目的で決めたのだろうか8月11日の「山の日」???
我々食品業界で生きている者にとってこのお盆休み前は一年のうちでも一番の繁忙期、しかも弊社のように冷凍食品やアイスクリームを扱うものにとっては一番の書入れ時なので当然弊社は通常通り動いている。
しかし困ったことに冷蔵倉庫が一斉に休んだために冷凍関係の物流が一部パニック状態に陥っているのは困ったものだ。
もうひとつ言わせたいただくと12月23日の「天皇誕生日」、実はこの日も食品業界にとって年末とクリスマスの繁忙期なので今となっては我々業界では祝日という意識は全くなくなっている。
したがって「天皇誕生日」でさえその有様なのに「山の日」が我々から祝日として受け入れられるとは考えられないので来年からは食品業界全体が休まないことになると考えている。
お役所のお盆休みを一日増やしたいがために我々食品業界が多大な迷惑をこうむるのは納得がいかない。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-08-12 11:12 | つぶやき大王日記

AI配車

e0179774_11250357.jpg
ヤマトは自動運転だけでなくAI(人工知能)配車にも真剣に取り組むという記事。
ヤマトほどの小口ではないにせよ、小口混載という意味では当社も同じであるがゆえに当社でもこれ(AI配車)は真剣に考えるべきだと思っている。
荷主からの貸し切りで運行している場合であれば車両単位での配車でいいのだが、当社のように一台の車両のなかに複数の荷主の貨物を混載する場合は指定着時間、エリア、配送先件数、個数など様々な制約条件をすべてクリアしたうえで効率よく配車しなくてはいけないのだ。
したがって当社の配車業務はとても難しく人間の頭で効率を追求するには限界があるということが最近わかってきたが、AIはこれを解決する最高のツールだと思っている。
ヤマトの考えに賛成!


[PR]

by dyoh_mie | 2017-08-05 11:46 | つぶやき大王日記

好きにして。

e0179774_12174665.jpg
e0179774_12174665.jpg
この記事には笑ってしまった。
日本通運が企業向け小口貨物サービス「アロー便」の運賃を7月から9.7%値上げするという記事なのだが、我々業界人に言わせると「懐かしい!アロー便なんてまだあったんかい?」という感じで、上がろうが下がろうがほとんど影響を及ぼさないと思うのだ。
しかもアローことか3年前にも値上げをしてるようなのだが「ちょっとあつかましいくねー?」と感じずにはいられない。
ペリカン便同様このアロー便も消える運命にあるようだ。


[PR]

by dyoh_mie | 2017-07-22 12:35 | つぶやき大王日記

それ見たことか!

e0179774_1013722.jpg

アマゾンジャパンが物流をヤマトから切り替えた事業者の配送サービスレベルが低く、遅配や未着が発生しているとのことだが、今明らかになっている事例はたぶん氷山の一角だと思うのだ。
ヤマトのサービスレベルはその品質や時間に対する正確さに関しては世界NO1だと考えているので、他の地域の事業者がアマゾンの料金でヤマト並みのサービスを提供することは絶対に不可能だ。
もちろん佐川や郵便と比べてもヤマトのサービスは群を抜いていて、その差は
今の日本人ならば誰でも知っている暗黙知なのだ。
20年前、アメリカのメンフィスにあるFederal Expressのハブ空港を見学したとき、その荷扱いのひどさに驚いたことがある。
そのことを担当者に尋ねると自慢げには損率は0.2%しかないと嘯くではないか、つまり当時FEDEXでは一日百万個の貨物が通過していたわけなので、一日2,000個しか破損しないと自慢していたことになる。
そして破損率を0.2%に抑える秘訣を尋ねるとその答えが
「貨物を送るお客さんがきちんと梱包すること」
だったのには笑ってしまった。
アメリカというか日本以外の国はこのくらい大雑把なのだ。
日本の消費者が世界一神経質なことはアマゾンだってわかっていたはずだがこれで身に染みただろう。
[PR]

by dyoh_mie | 2017-07-08 10:46 | つぶやき大王日記