大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:つぶやき大王日記( 251 )


8月11日に思う

いつだれが何の目的で決めたのだろうか8月11日の「山の日」???
我々食品業界で生きている者にとってこのお盆休み前は一年のうちでも一番の繁忙期、しかも弊社のように冷凍食品やアイスクリームを扱うものにとっては一番の書入れ時なので当然弊社は通常通り動いている。
しかし困ったことに冷蔵倉庫が一斉に休んだために冷凍関係の物流が一部パニック状態に陥っているのは困ったものだ。
もうひとつ言わせたいただくと12月23日の「天皇誕生日」、実はこの日も食品業界にとって年末とクリスマスの繁忙期なので今となっては我々業界では祝日という意識は全くなくなっている。
したがって「天皇誕生日」でさえその有様なのに「山の日」が我々から祝日として受け入れられるとは考えられないので来年からは食品業界全体が休まないことになると考えている。
お役所のお盆休みを一日増やしたいがために我々食品業界が多大な迷惑をこうむるのは納得がいかない。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-08-12 11:12 | つぶやき大王日記

AI配車

e0179774_11250357.jpg
ヤマトは自動運転だけでなくAI(人工知能)配車にも真剣に取り組むという記事。
ヤマトほどの小口ではないにせよ、小口混載という意味では当社も同じであるがゆえに当社でもこれ(AI配車)は真剣に考えるべきだと思っている。
荷主からの貸し切りで運行している場合であれば車両単位での配車でいいのだが、当社のように一台の車両のなかに複数の荷主の貨物を混載する場合は指定着時間、エリア、配送先件数、個数など様々な制約条件をすべてクリアしたうえで効率よく配車しなくてはいけないのだ。
したがって当社の配車業務はとても難しく人間の頭で効率を追求するには限界があるということが最近わかってきたが、AIはこれを解決する最高のツールだと思っている。
ヤマトの考えに賛成!


[PR]

by dyoh_mie | 2017-08-05 11:46 | つぶやき大王日記

好きにして。

e0179774_12174665.jpg
e0179774_12174665.jpg
この記事には笑ってしまった。
日本通運が企業向け小口貨物サービス「アロー便」の運賃を7月から9.7%値上げするという記事なのだが、我々業界人に言わせると「懐かしい!アロー便なんてまだあったんかい?」という感じで、上がろうが下がろうがほとんど影響を及ぼさないと思うのだ。
しかもアローことか3年前にも値上げをしてるようなのだが「ちょっとあつかましいくねー?」と感じずにはいられない。
ペリカン便同様このアロー便も消える運命にあるようだ。


[PR]

by dyoh_mie | 2017-07-22 12:35 | つぶやき大王日記

それ見たことか!

e0179774_1013722.jpg

アマゾンジャパンが物流をヤマトから切り替えた事業者の配送サービスレベルが低く、遅配や未着が発生しているとのことだが、今明らかになっている事例はたぶん氷山の一角だと思うのだ。
ヤマトのサービスレベルはその品質や時間に対する正確さに関しては世界NO1だと考えているので、他の地域の事業者がアマゾンの料金でヤマト並みのサービスを提供することは絶対に不可能だ。
もちろん佐川や郵便と比べてもヤマトのサービスは群を抜いていて、その差は
今の日本人ならば誰でも知っている暗黙知なのだ。
20年前、アメリカのメンフィスにあるFederal Expressのハブ空港を見学したとき、その荷扱いのひどさに驚いたことがある。
そのことを担当者に尋ねると自慢げには損率は0.2%しかないと嘯くではないか、つまり当時FEDEXでは一日百万個の貨物が通過していたわけなので、一日2,000個しか破損しないと自慢していたことになる。
そして破損率を0.2%に抑える秘訣を尋ねるとその答えが
「貨物を送るお客さんがきちんと梱包すること」
だったのには笑ってしまった。
アメリカというか日本以外の国はこのくらい大雑把なのだ。
日本の消費者が世界一神経質なことはアマゾンだってわかっていたはずだがこれで身に染みただろう。
[PR]

by dyoh_mie | 2017-07-08 10:46 | つぶやき大王日記

世が世なら

伊勢神宮はこのたび天皇陛下の代理として神事を司る「神宮祭主」として高齢の池田厚子さんに代わり天皇陛下の長女黒田清子さんの就任を発表した。
e0179774_12572860.jpg
下の写真は四年前の新嘗祭に外宮ででのもの(先頭のオレンジ色の袴をはいた方が池田厚子さま)だがこの写真からもその高齢ぶりがりかいできる。
e0179774_12574383.jpg
元をたどればこの「祭主」は700年前の後醍醐天皇の時代までは「斎王」と呼ばれていて、代々皇族の未婚の女性が務めていた。
しかも都を離れわが社のある斎宮に住み一生を終えた(したがってわが社の住所は斎宮)。
もし今その斎王制度があったならば、秋篠宮家の今度婚約発表された真子様かもしくは佳子様がこの斎宮に住んでいるということになる。
そうなると当然大学はICUではなく皇学館大学で、しかも毎日近鉄電車で通うということになる。
考えてるだけで楽しい気分になる。





[PR]

by dyoh_mie | 2017-06-24 13:22 | つぶやき大王日記

アマゾンの対抗措置

さすが
e0179774_11541853.jpg

さすがアマゾン、やはりそう来たかという感じ。
つまりどういうことかいうと、ヤマトができない、もしくは運賃が高くて使えない商品を軽貨物の個人事業主を使って配送網を確保するということ。
もっとわかりやすく言うと個人トラック(白ナンバーのトラック)は法律上認められていないが、個人営業の軽貨物自動車は認められている。
そして彼らは個人事業主であるがゆえに厚労省の定める今一番問題になっている「労働時間」の制約を受けなくて済むということになり、何時間でも働けるのだ。
「早く、安く、確実に」という消費者の需要がある限り宅配貨物市場で圧倒的なシェアを握るアマゾンのこの業界の支配力は揺るがないだろう。


[PR]

by dyoh_mie | 2017-06-24 12:12 | つぶやき大王日記

大口顧客値上げ

e0179774_10281687.jpg
ヤマトがようやく大口顧客に対する値上げの交渉に入るようだ。
個人顧客の値上げ発表の前にこれをやってもらいたかった気がする。
なにしろネット通販の拡大で貨物の9割がこれら企業からのものということなので、この交渉がうまくいけば個人客の値上げは必要なくなるか、もしくは値下げも可能なのではないかとも思うのだ。
それほど今の大口顧客割引の運賃と個人顧客の運賃との格差が広がっている。
聞くところによるとアマゾンのヤマトの運賃は一律300円以下というではないか(真意のほどは定かではないがだいたいそんなもの)。
東日本大地震発生後数々の美談を作り日本中を感動させたヤマトに対する国民のエールの声がトーンダウンしていることに危機感を感じている。
大口顧客との交渉は、その企業のビジネスモデルにまで影響を及ぼす重大な問題となるため厳しい交渉となるだろうが、宅配便ナンバーワンの地位を譲る覚悟で臨んでいただきたい。


[PR]

by dyoh_mie | 2017-06-17 11:00 | つぶやき大王日記

大移動

e0179774_13371794.jpg
かねてより懸念していた弊社の冷凍庫の保管スペースの限界を解消するために、今月からニチレイさんを間借りすることに。
ただいま引越しの真っ最中、なにしろ10トン冷凍車30台分移動させないといけないため一週間かけての大移動だ。
これによってお客さんの利便性は大幅に向上するし、新たな事業展開もしやすくなるから三者両得とはこのこと。
明日から本格稼働するので無事スタートできることを祈っている。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-06-10 13:51 | つぶやき大王日記

クールな問題解決

e0179774_10482279.jpg
宅配便危機に対して段ボール業界からクールな提案。
アマゾンの最大の問題は、ほとんど空気を運んでいるような異様にデカイ段ボール箱と過剰な緩衝材にあるのだが、このたび王子とレンゴーといった製紙業界から梱包用の段ボール箱を極限まで小型化するシステムが提案された。
これによって各家庭の郵便受けに入る貨物がいっきに増えて物流費の削減につながればみんなが喜ぶことになるだろう。
物流危機を段ボールで解決しようとする製紙業界、ピンチをチャンスに変える日本企業のたくましさは凄い。
これを皮切りに梱包に関する新しいビジネスが次々登場してくるとおもしろい。
とにかくクールな提案だ。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-05-27 11:11 | つぶやき大王日記

ヤマト迷走

ヤマトの迷走ぶりが止まらない。
宅急便が登場してからというもの、クール、ゴルフ、スキー、代引き、時間指定と新しいサービスを次から次へと生み出して日本人の生活や文化を一変させ続けててきたヤマトが気の毒なほど迷走している。
社内に多少問題があったとしても、とにかく圧倒的な消費者の応援があったおかげでマスコミが称賛こそすれヤマトを叩くことは今までなかったのだが、3年前のクール宅急便の大幅な値上げに続き今回は一番やってはいけない消費者向けの27年ぶりの値上げに踏み切ってしまった。
そもそも大幅なロスの最大の原因はアマゾンの80%は空気を運んでいるような過剰包装と大口割引にあると思うのだ。したがってまず最初に大口顧客のほうから料金や条件を見直すべきで、消費者向けの値上げはそのあとでいいと思うのだが、、、
これから何が起こるかというと、今まさに始まっているのだがマスコミによるヤマト叩きだ。日本のマスコミは消費者が応援して味方しているときには叩きたくても叩けないのだが、消費者が少しでも反発の姿勢を見せるとこの時とばかりにヤマトのネガティブな情報を山のように出してくることが予測されるのだ。どうやらこの迷走は郵政が独占している郵便事業の「親書」問題の失敗から始まっているような気がしてならない、郵便事業を独占化して民業圧迫し続ける郵政を叩く気概のあるメディアは日本にないものか。
ヤマトが気の毒でならない。
e0179774_12154578.jpg


[PR]

by dyoh_mie | 2017-04-29 12:57 | つぶやき大王日記