大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:おいらのエコカー物語( 118 )


投資ゲーム

e0179774_12501451.jpg
GMがオペルをフランスのプジョーシトロエングループ(PSA)に売却するという記事。
GMにとってオペルは欧州戦略の生産拠点として100年近く100%子会社として持ち続けていただけに、これは事実上欧州からの撤退を意味するものと思われる。
トリガーとなったのは、どうやらイギリスのEU離脱問題ということのようだがアメリカの自動車メーカーにとって商品の品質や効率性よりも企業の売買のような投資ゲームに軸足を置いているところが問題なのではないだろうか?
トランプ政権に代わってからまた日本の自動車メーカーにイチャモンをつけ始めたが、投資ゲームで競争せずに品質や開発で競争するべきだと思うのだが。
[PR]

by dyoh_mie | 2017-02-15 13:14 | おいらのエコカー物語

チャイナウエイ

e0179774_16161158.jpg
大気汚染に悩む中国、これをまた外資メーカーに無理難題を押し付ける事で乗り切ろうとする中国政府。
この記事はその最たるもので、2018年からEVもしくはPHVを一定量販売しなければエンジン車を販売させないという法律(HVもダメ)。
さらに現在国内に120社以上あるEVメーカーを20社に絞って許認可を与えるという何とも意味不明な決定がなされたという記事なのだが、おまけに20社のうち8社が何の実績もない中国企業で決まっているという不可解さ。
そしてその決定に対する説明は当然の事ながら何にも無いということ、、、
旧共産圏のいまだ独裁色の強い国によくありがちな「えっ、なんで?」に対する説明が何にも無いという事実、今まで行ったことのある国の中でエジプトやベラルーシあたりは同じく何の説明もしてくれない国だったけど、中国に至っては今や世界第二位の経済大国なのだからビジネスのうえではもっとフェアーにやっていただきたいものだ。
一番可哀想なのはトヨタのプリウスだ。
[PR]

by dyoh_mie | 2017-01-28 16:46 | おいらのエコカー物語

エコカー比較総括

e0179774_11512426.jpg

新型プリウスが手元に届いてから早一年がたとうとしている、
走行距離も1万8千キロとなりトータル燃費がきっちり30km/Lとこれまた立派
な燃費を達成しているのだが、、、
ゴルフと並べて後ろから写真を撮ってみたが、
そらまあデザインの良しあしは人によって好き嫌いあってしかるべきだが、
この2台に至っては好き嫌いを超越したものがあるように思えるのだ。
プリウスを運転していて一番いいことは、自分の車を見なくていいことだが、
同じ車に出くわすとやはりがっかりするし、夜の高速道路でテールランプの
点いた自分と同じ車を見るとさらにがっかりするのである。
ゴルフの燃費はというと、平均14km/Lと決して良くはないのだが、
そのほかはすべての面でゴルフのほうが上のような気がする。
おそらくトヨタさんはこのゴルフが日本のカーオブザイヤーをとったことが
よほど悔しかったようで、このゴルフをお手本にこのプリウスを開発したん
じゃないかと思えるほどよく似ている。
そりゃあゴルフにだって欠点があって、アイドリングストップがついている
ため、信号待ちでアイドリングが止まるのだが、発信するとき一テンポ遅れる
のが危険だし気に入らないところではある。
しかし全く同じ価格のこの2台、
人に聞かれれば、社用車としてならプリウス、個人で買うならゴルフと薦める
ようにしている。
時代は「燃費が良ければ何でも許せる」から「いくら燃費が良くったってこの
スタイルはいただけない」と消費者が考えるようになったということか?
[PR]

by dyoh_mie | 2016-12-09 12:21 | おいらのエコカー物語

燃費比較

e0179774_1585570.jpg

おいらの新型プリウスも13,833km走行してだいたいの燃費がわかってきた。
カタログに載っている燃費数値が37.2km/Lにたいして、
プリウスの自己申告がご覧の通り32.6km/Lということだが、実燃費はどうか
というと、467.85Lのガソリンを使用しているので29.6km/Lということ。
それにしてもこの限りなく30km/Lに近い数字はすばらしい。

方やライバルのVWゴルフはというとカタログ数値21km/Lに対して、
8,000km走行した時点で現在13.8km/Lだが、高速道路で長距離走行した
場合はカタログ通り21km/L走行可能だが、1,200CCのエンジンを載せた
車にしては大いに期待外れだ。

プリウスに関しては旧型と比較して30%以上燃費が改善しているのは天晴れ!
車を単に道具として考えた場合、このプリウスは優等生といえるし社用車とし
てこれ以上の車は思い当たらない。
[PR]

by dyoh_mie | 2016-09-23 15:36 | おいらのエコカー物語

燃費

e0179774_1183649.jpg

誰が何と言おうと圧倒的にすごいのがこれ!
この新型プリウスもようやく一万キロ走行したのだが、
その間の平均燃費がこれ、32.6km/L!
この数字は少し誇張されて出ているが、実際今30km/L以上は確実に
伸びていることは皆さんにお知らせしたい。
当然この車の性質として冬は燃費が悪く夏によくなるのだが、
冬でも30km/Lを少し切る程度で夏になると悠々と30km/L以上走って
くれるのだ。
前回のプリウスでは10万キロ以上走行した時点で平均燃費が
23~24km/Lというカタログ比70%などという「燃費偽造」と言われ
かねないような数字だったが、今回のこの数字は許容範囲内といえる。
方やゴルフはどうかというと、
こいつが全くいただけなくて、カタログ数値21km/Lに対して平均で
14km/Lなのだ。
これは1,200ccのエンジンにしてはいかがなものかという気がするが、
高速走行だと確かに21km/L伸びてくれるので「燃費偽造」とは言えない
のかもしれない。

とにかくこの新型プリウスの燃費に関しては天晴れだ!
[PR]

by dyoh_mie | 2016-07-20 11:31 | おいらのエコカー物語

乗ってみた感 3

e0179774_982484.jpgそうか、そういうことか!
中日新聞に出ていたこの記事、ドイツの名門サーキット「ニュルブルクリンク」での24時間耐久レースでトヨタはトップを走っていながらあと一周というところでマシントラブルによる失速でポルシェに抜かれてしまったのだが、その経験が今回のプリウスのボディー剛性の向上に生かされているということだ。
どうやら車体の溶接個所を増やすことで旧型と比べ60%もボディー剛性をアップしたらしいが、たしかに旧型から乗り換えてみるとその差は明らかで、旧型はまるで商用バンのようなつもりで乗っていたが新型はそれこそ高級乗用車といっていいレベルなのだ。
乗ってみてすぐに感じることができることで、この60%の向上は納得できる。
レース好きの豊田章男社長、きっとその成果がこの車づくりに生かされたんだと思うのだ。
[PR]

by dyoh_mie | 2016-06-24 09:31 | おいらのエコカー物語

乗ってみた感2

e0179774_17351854.jpg

なんといったって旧型と比べて一番改善されているのが後部座席のドアの
質感、なにしろ旧型はドアを閉めた時の音がブリキのおもちゃみたいな音
がしてとにかく安っぽかったのだが、おそらくユーザーからの苦情が多か
ったとみえて、新型のそれは「バタムッ!」って感じで重厚感たっぷりの
閉まり方をするのだ。
つまりボディー剛性が格段に向上して2ランク上の車に乗っている感じ。
このボディー剛性の高さはいろんなところに好影響を及ぼしていて、
乗り心地や操縦性にも旧型とは全く違うパフォーマンスを見せてくれるが、
ではゴルフと比べてどうかというと、シートの質感を含めたトータルバラ
ンスでいうとまだゴルフのほうが上なのかもしれない。

しかしながら不満に思っていたところを徹底的に直してくるところは
さすがカイゼンのトヨタさん、あっぱれっ!
[PR]

by dyoh_mie | 2016-06-16 18:03 | おいらのエコカー物語

乗ってみた感1

e0179774_9113311.jpg

まあとにかく旧型と比べてみて格段に向上しているのがこれ、
カタログによると最新の溶接技術を導入したらしくボディー剛性が
半端なくアップしているのだ。
それは乗ってみると明らかに実感できるもので、例えば後席のドアを
一度閉めてみるとその音は重厚なもので、旧型のようなブリキ板でできた
おもちゃを連想するものとは明らかに違うのだ。
おそらく旧型に関してはこのような苦情が多くあったものと推測されるが、
それをここまで改善してくるトヨタ自動車はさすがKAIZEN世界一の企業だ。
天晴れ!
[PR]

by dyoh_mie | 2016-05-23 09:40 | おいらのエコカー物語

三菱自動車燃費問題

e0179774_9524123.jpg

これっていかがなものかと思う、
三菱自動車もさることながら、これを監督する国土交通省のことだ。
この件に関して今でこそマスコミが炎上してから「徹底的に調査する」などと
言っているが、この25年間たったの一度も疑ってもいなければ調べても
いなかったってこと?

カタログ記載の燃費数値と実走行時の燃費には多少誤差があってもいたしか
たがないと思うところもあるのだが、旧型プリウスで特にこれが乖離しすぎてい
たように思うのだ。
もちろんカタログには「道路状況によって多少誤差があります」と謳ってはいる
が、5年間どんな走り方をしても一度もカタログ燃費には届かないどころか、
その70%の燃費がせいぜいだったのだ。
たぶん消費者センターあたりから国土交通省にたいして苦情のひとつもあった
と思うのだが、これがあったのかなかったのか?
またこれがあったとしたら、このとき役所はどういう対応をしたのか?

このようなことがあるたびに企業にその責任のすべてが押し付けられるが、
マスコミもそろそろ役所の問題にも切り込んでもらいたい。
自分としては三菱より役所にたいして腹が立っているのだ。
[PR]

by dyoh_mie | 2016-04-27 10:16 | おいらのエコカー物語

内装その5 まぶしいかも。

e0179774_12193037.jpg

最近少し日差しが強くなってきて、運転しているとポカポカと気持ちが
いいのはけっこうなのだが、、、
この真っ白なダッシュボードがやたらとまぶしいのだ。
しかも真正面が真っ白なので、これからさらに日差しが強くなることを想像
するとこの先が思いやられる。
この車を運転するときは、サングラスと日焼け止めは必須だろうな。
[PR]

by dyoh_mie | 2016-03-19 12:26 | おいらのエコカー物語