大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トヨタのシナリオ

トヨタにはこのシナリオが以前から描けていたのかもしれない。
EV(電気自動車)にたいしては消極的で国内の他社や欧米各国自動車メーカーに遅れをとっていたと思われていたトヨタ。
しかし考えてみればEVなんてエンジン車と比べれば電池の性能以外付加価値をつけることが難しいと思っていて、したがって他社と同じものをつくのであれば元々電池の技術は持っているのであるからEVを作ろうと思えばトヨタなら明日にでも作れるのにと思っていたところにこのプレスリリース。
e0179774_10112756.jpg
全個体電池車だそうだ、まず一番の利点は電池に液体を使わずセラミックを使うことで安全であるということ。
そしてEVの欠点である充電時間の長さは数分に縮め、さらに最大の問題点である航続距離も大幅に延びるという画期的な電池車の生産にめどをつけたというもの。
HVの成功、燃料電池車の開発と他社が必死になってEVを開発しても「我が道を行く」でEVには無関心なふりをしていて周回遅れで新しい全個体電池車でレースに参加したと思ったらあっという間にぶっちぎってトップを独走ということになりそうだ。
実は三日前の新聞でトヨタが中国で中国国内向けにEVを生産するというプレスリリースを見たとき、正直トヨタらしくないけど中国国内問題だから仕方がないかと思ったのだがこれで納得。
e0179774_10544313.jpg
ちなみに今朝のドイツ国営放送ZDFではポルシェを含むドイツ自動車大手5社がディーゼルエンジンの排気ガス対策について談合をおこなっていたとする報道がなされていたばかり。
まるでこれらのシナリオが最初からトヨタにはわかっていたんじゃないかと思うくらいよくできた話、どうやらEVの市場においてもトヨタの独走は揺るがないようだ。

[PR]

by dyoh_mie | 2017-07-25 10:59 | おいらのエコカー物語
<< AI配車 好きにして。 >>