大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

先人の知恵

日本で過去に起こった震災を調べてみると・・・

今回被害にあった三陸では1896年「明治三陸地震」というのがありました。
2万1千人以上が亡くなって、なんと38メートルの津波が観測されています。
今回はこのときの教訓が生かされていなかった様で残念です。

これがこの東海地区ではどうかというと、1944年に「昭和東南海地震」、
1854年に「安政東海地震」というのがあって、そして紀州のほうでは津波
もあったそうす。
今でも尾鷲へ行くと電柱の人の身長の高さのところに昭和の地震のときの
津波の位置が、そして更に高いところに安政のときの津波位置がマークさ
れています。
過去の災害を忘れない簡単でいい方法だと思いました。

そして更にさかのぼると、室町時代の1498年「明応東海地震」がありました。
そのときには鎌倉の大仏殿が津波で流され、それまでは湖だった浜松の浜名
湖が地盤沈下で海とつながって現在のような形になりました。
そして地元伊勢でも大湊で1000戸の家屋が水没し、5000人が亡くなったそ
うです。

昔から日本ではこのような災害を定期的に経験していて、そのたびに皆で歯を
食いしばって一から復興してきた歴史を繰り返しているようです。
したがって「天災だからしょうがない、また復興に向けてかんばろう」というたくま
しさが日本人のDNAに組み込まれているんじゃないでしょうか。

そう考えないと、世界中が驚いている被災者の皆さんの凛とした行動が説明で
きないのです。
当然今回の震災に対する復興に向けた努力を、日本国民はだれも惜しまない
でしょう。

“がんばれ日本”
[PR]

by dyoh_mie | 2011-04-01 11:31 | つぶやき大王日記
<< 入社式 日本の規制基準 >>