大王運輸 ブログ


大王運輸のブログです。
by dyoh_mie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本の建設技術

今日の日経新聞第一面、「高速3社海外で道路事業」だそうです。

これは日本の高速会社(旧道路公団)が、インドやベトナムで高速道路の
建設や運営を一手に引き受けてしまえ!というものです。

たしかに他の国と比べても、日本の建設水準はとびぬけていると思わずに
はいられません。
日本はまず地震が多い、山が多いし、したがって谷や川も多いし、又海に
囲まれているため島も多いときているので、その建築基準は世界一厳格
なものと思われます。
その上、長い間税金をバンバン使って公共工事を行ってきたわけですから、
その技術は世界一でしょう。

実際ドイツのアウトバーンは、たしかに距離は長くて速度無制限なのですが、
あの国には山がほとんどなく、ほぼまっ平らな国土だと考えていいでしょう。
したがってその道路のつくりは、日本から見れば単純で簡単なものでした。

そして一年半前、トルコのイスタンブールへ行ったとき、ヨーロッパとアジアの
分岐点であるあのボスポラス海峡で、海底トンネルの工事が行われていました。
そしてその建設に携わっていたのが日本の「大成建設」だったのです。
この海峡は長さで言えば、日本の関門海峡ぐらいだと思うのですが、関門トン
ネルなんてずいぶんと前からありますよね。

工業製品だけでなく、世界で競争力を持った分野はまだまだ日本にはいっぱい
あると思うのですが。
[PR]

by dyoh_mie | 2010-11-18 11:11 | つぶやき大王日記
<< 「名門」GM再上場 大本営発表 >>